ドライアイス/DRY ICE

ドライアイス演出は幻想的で異空間シーンを作り出すのには持って来いの演出の一つです。

セット価格 税込\75,600-+交通費・諸経費等(レンタル不可)

・ドライアイスマシン×1台(2kwヒーター2本内蔵)

・ドライアイスブロック15kg分(最大約3~4分)※消耗品

・吹出蛇腹ホース2~5m×1本

・水道ホース2m×1本

・専門スタッフ1名

【作業時間】会場の条件次第ですが搬入からすぐにセットは完了しますが、水から内蔵ヒーターでお湯を沸かすのに1~2時間程度掛かります。会場内に水道必需です。

※会場環境や演出内容によっては別途費用が発生する場合が有ります。

ドライアイス演出

ドライアイス演出は専用装置内でお湯を沸かし物理的にドライアイスをお湯に沈めて化学反応で発生するCO2ガスと水蒸気を噴射されます。比重的に蒸気の方が重い事と温度が冷やされた下降気流で床を這うように進み低い方へ流れて行きます。

この科学的減少を演出に取り入れた物がドライアイス演出です。

演出で使うドライアイスはブロックと言われる固まりを砕き細かくして使用します。演出直前まで発泡スチロールなどのケースに保管し溶けて小さくならないよう注意が必要です。(左写真参照)

小ホールサイズの舞台でしたら1回の演出で約10~15kg有れば十分効果を発揮します。

正し1台のドライアイスマシンで連続の使用は出来ません。なぜなら、ドライアイスをお湯に沈めると急激にお湯の温度が下がり続けて使用するのには温度が低く効果が発揮出来ない為です。

連続使用の場合は、最低でも1時間程度(お湯が沸くまでの時間)間隔が必要です。

演出用途

  • お芝居などで幻想的なシーンや雪のシーンなどを瞬時に作り上げるのに適しています。
  • 歌のライブ・発表会などでもバラード曲や演歌などの際に床一面にドライアイスの煙を演出する事も良く用いられます。
  • 番外編として高い所に吹き出しを持って行くと下に流れ落ちる滝の様な演出も可能です。

注意点

  • 大量の水を使うので(約60L)近くに水道があること※無い場合はポリタンクで用意して行くことも可能です。
  • 空調や空気の流れに左右されるので演出時は空調などを切る事をお勧めします。
  • 煙噴き出し口近くは蒸気の影響で床が濡れて滑りやすく成りますのでご注意下さい。
  • ドライアイスマシンには2kwヒーター2本でお湯を沸かしますので20A電源が2系統必要です。
  • こちらの商品は取り扱いに専門知識が必要なため一般のお客様にはレンタルしてませんのでご理解下さい。